ホーム >市場のとりくみ > 市場運営委員会 >平成21年度 第1回市場運営委員会 平成21年5月28日 開催概要

平成21年度 第1回市場運営委員会 平成21年5月28日 開催概要

1.会長・副会長の選出(協議事項)

 委員の互選により、会長に小野委員、副会長に榎委員が選出された。

2.運営委員会傍聴取扱要領の制定及び審議結果等の公開について(協議事項)

 事務局から、運営委員会傍聴取扱要領(案)の説明と本市場ホームページでの審議結果等の公開についての説明があり、傍聴取扱要領(案)は原案どおり可決、施行日は議決の翌日とされた。傍聴の市民への周知や審議結果の公開は本市場ホームページで行うことに決し、ホームページでの公表は次回から行い、審議結果の公開にあたっての公開内容のまとめ方は会長及び事務局に一任することとなった。

3.今後の市場のあり方についての意見交換(協議事項)

 中長期的視点に立って今後の市場のあり方について検討するため、事務局から、市場運営委員会でのこれまでの検討経過、市場運営及び市場施設等の現状、本市の財政状況等について、また、全国の公設地方卸売市場で維持管理体制の見直しを実施した市場の市場概要及び指定管理者制度導入の経緯等についての説明があった。

 委員から、指定管理者制度についての質問や、制度導入に積極的意見あるいは否定的意見等が出されたが、事務局及び会長から、指定管理者制度は今後の市場のあり方を検討する上での選択肢の一つであって、今後検討すべき課題であるとの説明があった。

 会長から、議論が指定管理者制度に集中してしまったが、今後の市場のあり方を検討するには、市場の管理運営体制や流通機能の高度化、市の財政状況、市場特別会計の状況や施設整備について等、検討すべき課題が山積しており、その中でスピーディに検討しなければならず、そのため、運営委員会規則第5条に基づく「部会」を設置してはどうか、との提案があり、了承された。

 部会は、市場関係業者代表4名、及び会長・副会長の計6名で構成するものとし、部会長は会長が就任することに決した。

4.緊急に取り組むべき事項の進捗状況(報告事項)

 事務局から、緊急に取り組むべき事項の取組みについて、20年度の進捗状況及び21年度以降に取り組むべき事項の報告をした。

5.その他(報告事項)

 事務局から、昨年11月の本市場における塵芥搬送等にかかる業務委託のことに関し、本年5月、本市場の為計業務妨害に関する損害賠償請求訴訟を尼崎商業事業株式会社から、本市他を被告として提訴されたことを報告した。

以 上

ページトップへ