ホーム >市場のとりくみ > 市場運営委員会 > 平成27年度 第1回市場運営委員会 平成27年5月26日 開催概要

平成27年度 第1回市場運営委員会 平成27年5月26日 開催概要

1. 青果部卸売業者の新規入場に向けた取組みの経過等について

 事務局より、平成25年末の青果部卸売業者(尼崎中央青果(株))の業務停止以降の青果部卸売業者の新規入場に向けた取組み、入場打診をしていた神果神戸青果(株)から今年3月に今秋頃の入場意向の表明があったこと及び今後の事務手続き等について説明。
 協議においては各委員から、適正な取引や水産物部等の場内事業者の協力連携により新規入場予定の神果神戸青果(株)の安定的な事業運営や市場の活性化を図っていくべきとの意見があった。

2. 尼崎市公設地方卸売市場の取扱高等の現状・推移について

 事務局より、青果部、水産物部の直近3か年の取扱高の現状・推移等について、青果部においては、前年比マイナスが続いていたものの、平成26年は直荷引きの増により、金額ベースで前年比4.4%増となったこと、水産物部においては、引き続き取扱数量、取扱金額とも前年比マイナスとなっていること等について説明。
 協議においては、公設市場として生鮮食料品の安定供給という使命を担う中で、卸売業者と仲卸業者の本来の関係性に立ち返り、さらには、青果部・水産物部・関連事業者等の連携のもと、取扱高の拡大、市場の活性化に努めていく必要があるとの意見があった。

3. 尼崎市公設地方卸売市場運営委員会の今後の進め方等について

 事務局より、前青果部卸売業者が業務停止に至った経緯や後任卸売業者入場に向けた取組みを踏まえる中、開設者において、当市場における取引原則の確立や場内秩序の維持について検証・整理を進めていくこと、また、これらの検討結果を踏まえ、青果部卸売業者の新規入場後には、平成25年2月に示された「尼崎市公設地方卸売市場の今後のあり方提言」について再確認を行う予定であることを説明。また、これらの事項以外に、条例に規定するように、市場における業務及び売買取引の運営、施設の管理等、市場の運営に関する重要な事項についての調査審議が必要となった際には随時、全体会又は部会を開催することがあることについて説明し、委員会の了解を得た。

ページトップへ