ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成28年8月

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成28年8月

鮮魚

鮮魚全体に漁悪く、入荷減少。浜値高も続く。

冷凍魚

イカ類は、原料が少なく相場強含みに。
海老類は、ブラックタイガーは入荷減少で相場やや強含みに、バナメイはやや弱含みに。
凍魚類は、入荷順調、相場保合です。

加工水産物

今月も引き続き、塩干商材は原料事情が悪く、相場高の状況が続いています。
秋冬商材の切り替え時に量目変更などで、値上げを行い急場をしのいでいるのが、実情です。
練製品は、秋冬商材への切り替えが始まりますが、特に大きな変更は無く、昨年並みの相場になりそうです。

主要品目の市況

鮪(生・冷凍)

生キハダは、東南アジア各地からの入荷が中心で、入荷やや少なく、相場はやや強含みでした。
冷凍キハダは、入船減少から入荷はやや少なく、相場は前年に比べてやや強含みでした。

真鯛(天然・養殖)

天然鯛は、入荷減少
養殖鯛は、浜値上がり、入荷減少でした。

鯵・鯖

丸アジは、九州各地、三重、和歌山県産中心の入荷で、入荷はやや少なく、相場は保合でした。
平アジは、大分、愛媛県産中心の入荷で、入荷少なく、相場強かった。
鯖は、入荷順調、相場保合でした。ごま鯖少なく、マサバ中心の入荷でした。

スルメイカ・剣先イカ

スルメイカは、青森、岩手県産中心の入荷。4kg20~25入中心の入荷で、冷凍原料が払底し、冷凍物の相場は近年見たことが無い高値になっていることから、相場は強いです。
剣先イカは、長崎県産中心の入荷。入荷少なめで相場保合。産地浜値はかなり高いものの、消費地の相場がついて行けていません。来月以降も、入荷少なめ、相場強含みでしょう。

貝類・ウニ

貝類は、盆以降の台風の影響で入荷が急に減少し、各品目とも入荷少なく相場強い。
ウニは、北海道を襲った台風の影響が強く、入荷は殆ど無く相場高騰。

冷凍かれい

カラスカレイは、入荷少なめ、相場保合ですが、今後は中国の買い発動次第で相場は変化しそうです。

冷凍鯖・鰆

鯖は、国産原料はほぼ使いきり、ノルウェー産での対応です。
鰆は、中国産メインの荷動きで、入荷順調、相場保合でした。

冷凍えび

ブラックタイガーは、盆前より相場は強含みに。
バナメイは、産地の生産がブラックタイガーからバナメイへの切り替えが進み、産地は増産予想。
EMSも大分落ち着いたことから、相場は弱含みですが、平均では多少高めの位置で推移しています。

ちりめん・煮干・丸干

国産ちりめんは、各地とも水揚げが一段落し、浜値は強含みですが、品質は良くない状況です。
輸入ちりめんは、入荷少なく、相場は国産の500円落ち辺りの相場で推移。
煮干は、瀬戸内海の愛媛、広島、香川県産中心の入荷で、入荷順調、相場保合で推移。

汐鮭・汐鯖

鮭鱒は、チリ産の銀鮭、トラウト、アトランなどの入荷少なく、相場強含みに。年末にかけて、kg300円程度の値上げがあるかもしれません。
紅鮭は、本ちゃんは珍味の価格になってしまいましたが、ロシア、アラスカ産の新物の入荷が始まり、ある程度は、落ち着いた販売が出来そうです。

ページトップへ