ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成29年1月

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成29年1月

鮮魚

全体に漁悪く、市況強い。

冷凍魚

年末からの円安の影響で、全体的に相場上昇。

加工水産物

春物商材への切り替えと、春物の季節商材の販売時期へとなるため、季節商材中心の販売強化を図ります。
兵庫、富山の蛍烏賊や、大阪湾、瀬戸内海のいかなごなどが中心になっていくと思われます。
いかなごは、大阪湾、伊勢湾とも調査では昨年以上の不漁が予測されており、苦戦すると思われます。

主要品目の市況

鮪(生・冷凍)

生鮮物は、東南アジア中心の入荷。入荷減少し相場弱含み。

冷凍物は、搬入量少なく、相場強含み。

真鯛(天然・養殖)

天然真鯛は、入荷少なく相場強い。

養殖真鯛は、入荷は順調でしたが、浜値強含みの影響でやや強含みでした。

鯵・鯖

鯵は、順調な入荷が見込まれ、昨年並みの相場

鯖は、大型サイズ少なく、入荷不安定。昨年より相場は強含みに。

スルメイカ・剣先イカ

スルメイカは、北陸、九州方面より低地網物中心の入荷。入荷は少なく、入荷量の変動が大きい。
相場は、冷凍物もないため、強いままです。

剣先イカは、端境期なのと、産地時化が多く、入荷殆どなく相場高騰。

冷凍カレイ

為替の影響で、徐々に相場強含みに。

冷凍鯖・鰆

鯖、鰆とも新物に切り替わりつつありますが、相場は強含みです。

冷凍エビ

為替の影響で、養殖・天然物ともに強含みに。

ちりめん・煮干・丸干

ちりめんは、国産の在庫販売だけとなり、kg3,400~2,400円中心の相場で推移していますが、在庫は各地とも少なくなってきました。
煮干は、瀬戸内各地産中心の入荷で、相場保合にて推移しています。

汐鮭・汐鯖

チリギン、トラウト、アトランとも年明け以降も供給不安定なことから、相場強含みな状況が続いています。
商材確保に全力を挙げて、販売に繋げていきます。

ページトップへ