ホーム > 統計室:市況情報 > 野菜・果実の市況:平成30年5月

市況情報

野菜・果実の市況:平成30年5月

野菜

 5月の野菜は多くの品目が好天で順調な出回りとなり、キャベツ、白菜、トマト、大根、人参、馬鈴薯、
長芋などは 前年を下回る価格で推移した。
一方、レタスは産地の切り替わり時期を迎え中旬から相場が上昇し、胡瓜、法蓮草などは出荷量が減少し、
前年を上回る価格で推移した。
全体的には大型連休も消費が伸びず、野菜全体の相場の押し上げに至らず、前年より単価が低迷し、 厳し
い販売となった。




果実

 5月の実績においては、販売金額6,967万円(前年比101%)、入荷数量222t(前年比76%)であった。
 リンゴ類においては、青森県産の在庫(貯蔵)量が少なく、入荷数量が減少し単価が昨年より上回った。
 その為、売り場面積が縮小され 消費が鈍った。  
 いちごは、気温の上昇に伴い品質低下がみられ入荷数量も減少したが、業務需要を中心に順調な販売
 が出来た。
 相場も大きな変動 もなく、平年並みの販売であった。
 柑橘類においては、輸入柑橘類の大幅減少に伴う単価高の為、産地貯蔵品等の引き合いが強く、最終
 まで順調に販売された。
 ニュージーランド産キウイフルーツも始まり、GWから順調に売り場面積を広げており、安定的な販
 売が出来た。
 スイカ・メロン類では、やや出遅れていたが中旬頃から回復し、入荷は順調でだが、朝夕の冷え込み
 が続き販売に苦労した。
 その為単価については、昨年を下回った。
 国産果実においては、全体的に減少傾向であった。輸入果実についても同様で、売り場づくりに苦
労   する結果となった。









主要品目の市況

レタス

西南暖地の産地の出荷の切り上げと、後に続く高冷地産地のリレーとに端境が生じ、供給量が不安定となり、 高値での販売で推移した。

茄子

高知県産中心の販売であった。
朝晩の冷え込みにより産地の出荷量が不安定となり、数量的にはやや少なく、 価格は前年より高値で販売した。

いちご

 入荷数量においては、昨年より減少であったが、食味等品質良好で業務筋等からの引き合いもあり、順調に販売出来た。
 入荷数量92%、販売金額124%(前年比)

西瓜

 中旬頃より順調に入荷し、食味・玉肥大も良好であったが、朝夕の冷え込み等気温の影響が大きく、単価的には下旬 にやや低迷した。入荷数量104%、販売金額73%(前年比)

ページトップへ